えくせるちゅんちゅん

ことりがエクセルをちゅんちゅんするブログ

快適なExcelライフを送るために必要な環境構築(ライトユーザー編)

今回は筆者ことりちゅんが、快適にExcelライフを送るのに欠かせない環境構築の全貌をお見せします。

一度にすべてを書ききる事ができなかったため、前編(ライトユーザー向け)と後編(開発者向け)に分けてお送りします。


概要

快適にExcelでお仕事するには、環境構築が欠かせません。

この環境構築というのは、Excelというアプリだけに留まらず、Windows全体に対して様々な最適化を行う必要があります。

時には自分の業務を止めないために他人にも設定変更を要求するくらい、重大な設定変更もあります。

是非とも参考にして下さい。

※一部、過剰表現がありますが、個人・私が目にした環境に基づいた意見ですので、全てのユーザーには適用されない場合もあることはご承知おきください。


オートコンプリートを無効化する(余計なお世話は必要ない)

オートコンプリートというのは、入力途中の文字列と同じようなデータが同じ列にあると、自動的に補完してくれる自称便利な機能です。

この機能のおかげで、似たようなデータを入力際にタイピング数を抑えることができ、最初は便利だと感じるかもしれません。

ところが、実際の現場ではこの機能が猛威を奮い、頻繁に事故が起こります。

普段連携していない作業員にデータ入力を依頼したときに、一番多い入力間違いはダントツでコレが原因です。

というわけで、自分がExcelを導入したり、誰かに仕事を振る時は、真っ先にオートコンプリート切ることを忘れないで下さい。

情シスの人はキッティングの際に無条件に切って下さい。


エクスプローラーのプレビューを消す(EXCELのゾンビ化を防止する)

エクスプローラーのプレビュー機能は、ファイルを開かなくても中身が閲覧できるとっても便利な機能です。

テキストファイル、画像ファイルはもちろん、Excel、WordなどのOfficeデータすら閲覧が可能です。

でも、このプレビュー機能、便利なようで曲者です。


通常、エクセルファイル等のOfficeファイルを開いたときには、同じフォルダに~$から始まるロックファイルが生成され、ファイル自体にロックを掛けます。※生成されるロックファイルは開いているユーザーを示す情報などが書き込まれているだけのファイルです。

ローカル上のファイルであれば、別にロックされたところで誰も困らないのですが、共有フォルダの場合はロックされると他の人が編集したくても開けなくなってしまいます。

過去にプレビュー機能を使っているのが原因で、このようにファイルがロックされてしまう事故がありました。

誰も開いていないはずなのに、ずっと誰かが編集中と表示されてしまうのです。


「誰も開いてないのに読み取り専用になっちゃう」系の問い合わせは、ほぼ確実にコイツが原因です。

~$から始まるロックファイルの残骸が原因なので、誰も開いてないのを確認した上でなら削除してOKです。)


このプレビューの細かい挙動を調べてみたところ、Windowsを起動してフォルダを開いて、初めてエクセルを選択した瞬間に立ち上がるようです。

そしてフォルダが閉じられるまでず~~~っとバックグラウンドでExcelが常駐します。

たまにExcelのプロセスが消えることもあるのですが、タイミングや条件がバラバラでよく分かりません。

問題は、これにより様々な副作用を引き起こします。

  • Officeのアップデート失敗
  • Excelと共にExplorerのクラッシュ
  • 突然、Excelが立ち上がる心霊現象
  • Excelブックを開いた際に、PERSONAL.XLSBが読み取り専用になってしまう。←100%発生?

というわけで、今すぐプレビュー機能は原則使用禁止をチームメンバーに通達して下さい。


IMEの設定でShift+Spaceの半角入力を消す(常に行選択できるようにする)

Excelの便利なショートカットキーの中に、

  • Ctrl + Space で 列全体(縦方向)選択
  • Shift + Spaceで行全体(横方向)選択

というものがあります。


実際に使っている人なら100%ご存知かと思いますが、「全角入力モード」ではShift + Spaceが正常に働きません。

毎回「半角」に戻さないと、行選択が出来ないのです。めちゃくちゃ不便ですよね。

原因はIME(MS IMEATOKGoogle日本語入力など)のホットキーに割り当てられていることにあります。

ホットキーには「半角スペース」が割り当てられています。

全角モードのときでも半角スペースが入力できるように・・という親切心で搭載してくれているホットキーですが、Excelユーザーには邪魔でしかありません。

半角スペースを打ちたければ、それこそ半角に切り替えて打てば良い話です。(或いは他の設定を割り当てましょう)

(そもそも、文章入力中に働く半スペのホットキーは別の設定項目なので、Excelに影響がある設定を無効化しても全く支障がないようです)

というわけで、気兼ねなくIMEのShift+Spaceは絶対に無効化して下さい。


各種IMEのやり方は↓にあります。


Google日本語入力の場合

1.画面右下の「あ」とか「A」のアイコンを右クリック

2.プロパティをクリック

3.「一般」タブのを開く

4.キー設定の選択の「編集」ボタンをクリック

5.出てきたリストを一番下までスクロールし、モード「入力文字なし」「Shift Space」を選択

6.右クリックして「エントリーを削除」をクリック

7.仕上げに「OK」「OK」


IME日本語入力の場合

https://qiita.com/shibahead/items/439229de2fb100ed1a9d

1.画面右下のIMEの設定からプロパティを選択

2.編集操作の変更を選択

3.「Shift+Space」の設定が「別幅空白」になっているため変更

4.「-」を選択してOK!


ATOKの場合

https://qiita.com/hajimechan0323/items/4f9e977b61b835467598

1.ATOKの環境設定

2.「入力・変換」タブの、入力補助の項目へ

3.一番下の「スペースキーで入力する空白文字」のShift+スペースのドロップダウンボックスを「常に半角」に変更


Dropboxバッジ」を「今後表示しない」(アドイン利用中の不具合を防止する)

Dropboxはインストール時点では「Dropbox バッジ」は「常に表示」となっています。

この機能によってExcelの横に謎のバッジが増えて、色々なコマンドが使えるようになるらしいです。

(筆者は使ったことがないので詳しくは知りません)

この機能は2015年頃には存在していて、その頃から結構有名な障害なのですが2020年現在も解消されていません。


バッジが有効になっている場合の副作用として、

  • VBAプロジェクトをパスワード保護している場合、Excel終了時にプロジェクトのパスワードを要求される
  • 一部アドインに於いてはプロジェクトがロックされていますと出る
  • 空っぽのExcelウィンドウが残る

というわけで、Dropboxを使っている人は、必ずDropboxバッジを今後表示しないに変更して下さい。


OneDriveの「Officeアプリケーションを使用して、開いているOfficeファイルを同期する」をOFFにする

「Officeアプリケーションを使用して、開いているOfficeファイルを同期する」に、どのような効果があるのか私は知りません。

Dropboxと同じように、Excelが不安定になるような感じがします。


明らかな問題として判明しているのは、VBAが正常に動作しなくなることです。

VBAでブックの所在パスを特定するために用いられる、Workbook.Pathの結果がオンラインのURLになります。

例えば、以下の項分を実行した時

?ThisWorkbook.Path

通常はこのようになりますが、

C:\Users:\xxx\OneDrive\

上記設定がONのままだと、このようなパスが返されます。

https/d.docs.live.net/xxxxxxxxxxxxxx/

例えば「同じフォルダの特定のデータファイルを開く」とか「同じフォルダのファイルリストを取得する」のようなマクロは全滅です。

利用頻度の高い構文であるだけに、かなりのマクロが影響を受けます。


というわけで、OneDriveを入れたら設定をOFFを忘れないでくださいね?


あとファイルオンデマンドもOFFにしておかないと、アクセスする時にダウンロード待ち時間が発生するため煩わしいです。

内蔵ストレージに余裕がない方、高セキュリティを重視する方以外は、OFFにしておくほうが無難です。


Excelの描画リボンを非表示にする

※これは環境によっては存在しないため、その場合気にしないで下さい。

主に小さめのモニタの端末とかタブレット系の端末だと、手書き用のリボンが増えてることが多いようです。

普通にデスクトップで使う分には必要ないので、カスタマイズから消してしまいましょう。

人によっては欲しいかもしれませんね。


Excelのホームに使うものを集中させる

リボンの切り替えというのは、地味に面倒です。

なぜか滅多に使わない「スタイル」が貴重なリボンを専有しています。

それなら、スタイルを消してよく使うコマンドをここに集めたほうが便利だと思いませんか?

マウスで使えば良いと思っているものはホームに、キーボードから使いたいものは次のクイックアクセスツールバーに登録しています。

  • 図の挿入
  • 入力規則
  • 名前の管理
  • 数式の表示
  • 区切り位置
  • 目盛線
  • 新しいウィンドウの表示

などがお気に入り。


クイックアクセスツールバーに重要な物を追加する

私の場合、以下の5つは殿堂入りです。

  • Alt+1 : VBE
  • Alt+2 : オブジェクトの選択
  • Alt+3 : 数式の検証
  • Alt+4 : クイック印刷
  • Alt+5 : カメラ


Alt+1 : VBE

Alt+F11が遠いから。

左手でVBEを開きたいから。

ただそれだけの理由で置いてます。


Alt+2 : オブジェクトの選択

使用頻度が極めて高いのに、ショートカットが深すぎるから絶対に必要です。

普通に呼び出すと、Alt → H → FD → Oです。

これを設定しないのは、ありえません。


Alt+3 : 数式の検証

数式を本気で組んでいる時、何度も何度も数式の検証行う必要があります。

計算を進める際に使うショートカットキーはAlt+Eです。

つまり、Alt+3に割り当てておけば、二本の指を並べて置いて楽しく連打できるのです。


Alt+4 : クイック印刷

Excelの印刷プレビューは、はっきり言ってゴミです。使い物になりません。

昔から文字が途切れたりと問題はありましたが、最近のOfficeでは「印刷」で強制的にプレビューが表示されるため、データによってはすごく重いです。

というわけで、私のオススメは仮想プリンタに印刷してプレビューすることです。

印刷先は、XPSでも、PDFでも、DocuWorksでも何でも構いません。

既定のプリンタを仮想プリンタにして、クイック印刷で瞬時に印刷し、確実なプレビューをしましょう。

※ビューのモードを「標準」や「改ページ」から「ページレイアウト」に変更してから調整すると、文字切れ問題を簡単に解消できます。


Alt+5 : カメラ

別名「リンクされた図」の貼り付けです。

この機能を使えば、別の領域の画面を図形として好きな場所に映し出す事ができます。

何に使うのかといえば、印刷用です。


再利用性の高いデータの表作りをすると、どうしてもA4の印刷レイアウトに収めるのが難しいことがあります。

だから、思い切ってデータ用シートと印刷レイアウト用シートを分離してしまい、カメラで作成したリンクされた図を配置して印刷することがあります。

これでネ申エクセルを防ぐことができます。

※ただし、数式を多用したブックでは重くなりやすいため、文章作成用に留めるのがおすすめです。


ハードウェアグラフィックアクセラレータを無効にする/マルチスレッド計算を行わない(Excelの不調を解消する)

Excelが不調なとき限定で行う設定です。


ハードウェアグラフィックアクセラレータを無効にする

グラフィックボードを使用してExcelの描画を行う設定です。

本来は描画が高速化して、Excelが軽くなることを狙っている機能ですが、逆に描画がおかしくなったりExcelが不安定になったりする事例がよくあります。

調子が悪い時はまっさきに無効(ON)にしたい項目です。


マルチスレッド計算を行わない

CPUのマルチコアを有効利用して、数式の計算を高速化するための設定です。

本来は並列処理されることで、Excelが軽くなることを狙っている機能ですが、逆にExcelが不安定になる事例があります。

調子が悪い時はまっさきに無効(OFF)にしたい項目です。


游ゴシック体を駆逐する

私のブログの読者なら知らない人はいないでしょう。

Excelから游ゴシック体を完全に消し去る設定です。

詳しくは下記の記事を御覧ください。

www.excel-chunchun.com

www.excel-chunchun.com

www.excel-chunchun.com


まとめ

今回は比較的Excelのライトユーザー向けの環境構築について説明しました。

知らないと苦労させられるものもあるので、是非とも設定をご検討下さい!


次回:VBA開発者向けの環境構築

www.excel-chunchun.com

以上


何か御座いましたらコメント欄、またはTwitterからどうぞ♪

それではまた来週♪ ちゅんちゅん(・8・)

プライバシーポリシー