えくせるちゅんちゅん

ことりがエクセルをちゅんちゅんするブログ

ブラウザにsheet.newやexcel.newと入力して素早く表計算を始めよう

f:id:Kotori-ChunChun:20210407204811p:plain

ブラウザのURLに sheet.new と入力したらGoogle Spreadsheetを。excel.new と入力したらMicrosoft Excelの新規作成画面を開けることはご存知だろうか?

実は サービス名.new でサービスを開きつつ、いきなり何らかの新規作成画面を開けるWEBアプリが多数存在する。

2020年 からGoogle.new ドメインを誰でも取得できるようにしており、我々の知らぬ間に続々と対応サービスが増えているらしい。

現在使用可能なドメインは、.new - Google Registry で閲覧できる。

よく使うアプリが対応していないか、チェックしておくと良いかもしれない。

活用方法

もっとも無難な使い方は、URLを暗記して必要になったらその場で叩くことだろう。

ブラウザのURL欄にカーソルを移動 F6 して、excel.newと入力して Enter

f:id:Kotori-ChunChun:20210207110140p:plain

Microsoft アカウントにログイン済みであれば、即座に以下の画面が表示される。

f:id:Kotori-ChunChun:20210207110321p:plain
excel.newを開いた画面

URLをブックマークに入れて、ワンクリックで新規作成出来るようにするのも良さそうだ。

f:id:Kotori-ChunChun:20210207110931p:plain
Chromeブックマークに追加された様子

f:id:Kotori-ChunChun:20210207110654p:plain
Chrome ブックマークマネージャでブックマークを追加

自作のシステムや、WEBドキュメントの解説文にリンクを貼っても良いかもしれない。

Excelは無料で使える

MicrosoftExcel / Word / PowerPointは、有料の製品を買わなければならないと思われがちだが、WEB版であれば何年も前から無償で使えるようになっている。

インストールして使うアプリケーションと比較すると機能は少なめだが、家庭で軽く使うくらいなら十分かもしれない。

個人的には、サブスクリプション契約でないと使えない最新のExcel関数に対応しているため、とてもありがたい。

WEBブラウザで動くため、Windowsでも、Macでも、iOSでも、Androidでも、ChromeOSからでも使える。

なお、企業で使うとなると、いろいろ制約があるのでちゃんと調べること。(社内のルールと、Microsoft利用規約など)

多人数同時編集に対応しているかも

データがWEB上にあることを生かして、大勢からの同時編集に対応しているWEBサービスがある。

たとえば、 excel.newExcelを開いた後、右上の【共有】を押すと共有URLが発行される。

f:id:Kotori-ChunChun:20210207113646p:plain
excel.new の直後に 共有リンクを作成

このURLをメール・チャット等で共有して、他の人にアクセスしてもらえば、MicrosoftアカウントにログインしていなくともExcelの同時編集に参加できる。

同時編集に参加している人の選択セルは全員に共有され、ログイン済みの場合は【イニシャル】が、非ログインの人は【ゲスト】と表示される。

f:id:Kotori-ChunChun:20210207113955p:plain

同時編集に対応しているものとして、以下のものを知っておくと業務に革命が起こる。

個人的に使うかもしれないもの

以下は、個人的に使っている/使うかもしれないもの/面白そうなもの。

URL サービス名 概要 分類
doc.new Google ドキュメント 文章
sheet.new Google スプレッドシート 表計算
slide.new Google スライド プレゼン
form.new Google フォーム アンケート
note.new Google Keep ToDoの追加 予定
cal.new Google カレンダー カレンダーに予定の追加ができる 予定
meet.new Google Meet 自分が主催でWEB会議が開始される WEBコミュニケーション
excel.new Microsoft Excel 表計算
word.new Microsoft Word 文章
ppt.new Microsoft PowerPoint プレゼン
onenote.new Microsoft OneNote 文章
teams.new Microsoft Teams 自分が主催でWEB会議が開始される WEBコミュニケーション
pen.new CodePen HTML/CSS/JSをサラっと書いて動作確認できるサービス 開発支援
gist.new GitHub コードモジュールを手軽に共有・書き残すサービス 開発支援
wireframe.new Miro 同時編集可能なリアルタイムホワイトボード WEBコミュニケーション
playlist.new Spotify 音楽関係 プライベート
canva.new Canva ブログのキャッチ画像などを手軽に作成できるデザインツール デザイン
asana.new Asana プロジェクト管理等ツール 予定
diagram.new Diagrams.net(旧Draw.IO) 手軽にフローチャート等を描くツール 開発支援
paper.new DropboxPaper 手軽に文章を書けるツール 文章
mercari.new Mercari あのメルカリ。どうなるか知らない。 プライベート
discord.new Discord ゲーマー界隈では超有名なボイスチャット WEBコミュニケーション

参考

2018/10/25 Googleが運用開始

グーグル、ブラウザのURL欄に「doc.new」と入力するだけで新規文書を作成可能に

2019/10/31 Spotfyが使用開始

Googleの「.newショートカット」がSpotfyなどでも利用可能に - Engadget 日本版

2020/12/18 お名前.comが.newドメインの取り扱い開始

年間52,800円らしい。

.newドメインの登録開始|お名前.com

2020/8/6 Adobeが使用開始

"PDF.new"でPDF化、Adobeが「.new」に対応

2021/4/7 はてなブログも開始

アドレスバーに entry.new と入力すると、はてなブログの記事が書けるようになりました!

staff.hatenablog.com

トラブルシューティング

iOSでアプリに切り替わらないようにする方法

iPhoneiPad にOneDriveやExcelアプリが入っていると、ブラウザから切り替わってしまう問題が発生した。

昔はURLスキームとか呼ばれていた機能だが、iOS14において設定項目が見つからなかった。

ファイルのメニューに「ブラウザで開く」があるのだが、無視してアプリが立ち上がってしまう。

勝手にアプリが開く時の対処方法‼ユニバーサルリンクを無効に設定 によれば、リンクを長押しして開くを選べば良いとのことだが、Excelファイルを長押ししてもドラッグ開始の合図になってメニューが出てこない。

でも、左端に並んでいるアプリ一覧のOneDriveのリンクを長押ししたらメニューが表示され、一度開くを選んだら他の箇所からのリンクも全て解消することができた。

オチ

excel.new は便利なのだが、「必ず新規作成される」という性質上、新しいファイルがそのたびに作成される。

この記事を書くために何度も実施した結果、筆者のOneDriveはこうなった。

f:id:Kotori-ChunChun:20210207115231p:plain
オチ OneDrive

残すつもりのファイルは必ずタイトルを付けて、定期的に整理しよう。

以上

プライバシーポリシー