えくせるちゅんちゅん

ことりがエクセルをちゅんちゅんするブログ

MENU

パソコンとスマホの音声をBluetoothイヤホンで同時に聞く方法

近年、Bluetoothイヤホンがかなり普及してきました。 以前は3.5mmイヤホンジャックがないスマホはダメだと言われたものですが、最近ではめっきり聞かなくなりましたね。

私は、付けたまま自由に動き回れるBluetoothイヤホン大好きです。ケーブルが椅子に引っかかってブチリと行くことも、絡まってほどくことも無くなりました。

さて、そんな便利なBluetoothですが、どうしても解決したい課題がありました。

それが「パソコンとスマホの音声を同時に1つのBluetoothイヤホンで聞く方法」です。

「同時に接続」ではなく「同時に聞く」というのがポイントです。つまり2つの音声をミックスしてくれないといけません。

そして、私の知る限りにおいて、同時に聞くことが出来るイヤホン/ヘッドホンは全くありません。それどころか、これを実現するためのアンプやミキサーも見つけられません。(噂によれば無いことも無いとか?)

この記事は、そんな環境を構築するために試行錯誤した私の備忘録です。私自身AV周りに特別詳しいわけでもありません。勉強不足な点もあるかと思いますが、その点はご了承ください。

やりたいこと

私が求めているのはこういう感じのことが出来る装置です。

f:id:Kotori-ChunChun:20210626103755p:plain

先の通り、2つの音声を同時に聞くためには、2種類の音源を混ぜなければなりません。

複数の音源を混ぜ合わせるのは、アナログ信号(3.5mmステレオミニプラグ)なら簡単です。

マルチオーディオスプリッターや、オーディオ分配ケーブルを使って、適当に送信機器と受信機器を繋げば良いのです。

※電気的安全性、ボリュームの不揃いを全て無視する場合に限る

f:id:Kotori-ChunChun:20210626001354j:plain

これらアナログ信号の機器には指向性が無いので、1対5でも、5対1でも、3対3でも音声が合成/分配がされて聞こえます。(ブロードキャストする感じ)

ただし、複数のイヤホンに分配するということは電力が分散するので、イヤホンが聞こえるボリュームが小さくなりますし、発信元が増えるということはボリュームが大きくなる恐れがあります。

また、異なる電源が相互に流し合うので、お互いの装置を破壊する恐れがある点には注意が必要です。(今までにそんな経験はありませんが…)

さらに、合成できるとは言えボリュームが不揃いとなるため、手動で調整しなくてはいけません。それぞれの端末で調整するのは面倒です。そういうときは、ステレオ音声ミキサーを使ったほうが確実です。

※3.5mm端子用のミキサーは、中国メーカーの怪しいものしか無かったので、端子形状の変換が必要ですが信頼できるオーディオテクニカのミキサーを紹介。

ただ、こういうミキサーはホワイトノイズが乗りやすいと聞くので、果たして満足行くかどうかわかりません。

以上、ここまでがやりたいことをアナログで実装した場合の話です。

Bluetoothでミックスするには・・・?

私の知る限りにおいて、アナログ入力信号と複数のBluetooth入力信号を混ぜてくれる機械は見当たりません。

そこで、一旦Bluetoothの音声を全てアナログ信号に変換して、合成/分配した後にBluetoothに変換してイヤホンに飛ばすという方法を考えました。

f:id:Kotori-ChunChun:20210626104805p:plain

Bluetooth信号をアナログ信号に変換する装置をレシーバー、アナログ信号をBluetooth信号へ変換する装置をトランスミッターと呼びます。

3.5mmはつなぐだけで双方向通信が出来ましたが、Bluetoothでは内部の信号を送信と受信を区別しているため、それぞれに専用機器が存在します。中には物理スイッチで役割を入れ替えられるものもあります。

また、入出力や電源供給の方法によって何種類かあります。

Bluetoothレシーバー

パソコンorスマホ >> Bluetoothレシーバー >> 有線AV機器

要するにBluetooth受信機です。

f:id:Kotori-ChunChun:20210626005623p:plain

Bluetoothレシーバーがよく使われるケースは二種類あります。

1.有線イヤホンの無線化

事前にUSBから内蔵バッテリーを充電して、バッテリーによってBluetoothレシーバーを動かす。 3.5mm端子に有線イヤホンを接続。外出先でお気に入りのイヤホンで音楽を聞くためによく使われる。

2.カーオーディオへの接続

常時USBから給電してBluetoothレシーバーを動かし、3,5mmケーブルをカーオーディオ等に接続。カーオーディオにつなぐためによく使われる。自室で据置スピーカーをBluetooth化するのに使っても良いと思う。

バッテリー型のもある。

Bluetoothアダプタ / トランスミッター

パソコンorスマホ >> Bluetoothアダプタorトランスミッター >> BluetoothAV機器

要するにBluetooth送信機です。

f:id:Kotori-ChunChun:20210626015127p:plain

1. PC用の汎用Bluetoothアダプタ

Bluetoothドライバをパソコンにインストールする必要はあるが、オーディオ以外にも使えるBluetoothアダプタ

2.Bluetoothトランスミッター

どうも調べてみると、トランスミッター専用のが見当たりません。

物理スイッチでトランスミッターとレシーバーを切り替えられるものばかりでした。

スイッチの表記

  • TX : トランスミッター(送信機)
  • RX : レシーバー(受信機)

この記事を書くことにしたきっかけは、これを買ったからです。

ちなみに、カー用品の中にはBluetoothレシーバー機能を備えたFMトランスミッター(ラジオ)もあるので、間違えないように注意。

マルチペアリングとマルチポイント

1台のイヤホン等が複数の親機と同時にペアリング出来る機能です。

詳細は他所のサイトに委ねますが、両方で流れる音声をミックスして同時に再生できるわけではないそうです。

知ってる?Bluetoothの複数接続「マルチペアリング」と「マルチポイント」の違い | radius|ラディウス株式会社 オーディオ・デジタル音響機器・Lightning製品メーカー

helpguide.sony.net

www.bose.co.jp

その他の宣伝

イヤホンしていると疲れるので、Bluetoothスピーカーがあると結構便利です。

若干、充電が面倒ですが、片耳のみ外したくなる状況が多いので、首掛けタイプのイヤホンがお気に入りです。落下紛失防止にも。

パソコンの本体(マザーボード)から出力されるアナログ信号は、グラボ等や電源の電磁波によってノイズが多めです。USBでデジタル信号によって外に出してからアナログ信号に変換することで、音質を劇的に改善出来る場合があります。

最後に

色々試行錯誤した結果、こうなりました。

f:id:Kotori-ChunChun:20210626015324p:plain

問題は、個々のボリューム調整が出来ないことです。せめてミュートができると良いのですが、このままだと有線接続機器から音声がタレ流しになります。抜き差ししてたら本末転倒ですし、上で書いたオーディオミキサー買うかもしれません。


もう少しシンプルにして、以下のような構成でも良かったかもしれません。

f:id:Kotori-ChunChun:20210626020102p:plain

せめて、再生端末だけでもBluetooth2入力に対応して欲しいと願うばかりです。

せめてBluetoothBluetoothBluetooth してくれる装置があるだけでもかなり助かるので、この記事を読んだメーカーさんの今後の動きに期待します。

もっと少ない数で実現できる良さげな方法があったら教えて下さい。

以上


何か御座いましたらコメント欄、またはTwitterからどうぞ♪

それではまた来週♪ ちゅんちゅん(・8・)

プライバシーポリシー